リフォーム瑕疵保険とは

「瑕疵(かし)保険」とは、住宅のお引渡後 一定期間、雨漏りや住宅の傾きなどの基本構造部分に「瑕疵(欠陥)」が発見された場合に、その補修費用を保険でサポートする保険です。

瑕疵保険に入るメリット
・建築士の資格保持者(第三者)による検査が実施されます。
・補修工事にかかる費用を保険でカバーするので、必要な補修工事が確実に実施されます。
・万が一、事業者が倒産してしまった場合、保険期間内であればお客様が直接保険会社に費用を請求することができます。

いつ、誰が加入するの?

工事の着工前(引渡前)に申し込みが必要です。
着工後(引渡後)では申し込みできませんのでご注意ください。

加入するのは事業者です。

瑕疵保険に加入しようとする事業者は、保険の申し込み前に、住宅瑕疵担保責任保険法人での「事業者登録」が必要です。

保険料や検査料は誰が支払うの?

費用の負担は誰がするかについての定めはありません。
そのため、この保険に関する費用の負担については、お客様と事業者の間で事前によくご相談されることをお勧めします。

保険期間

工事完了確認日から5年間もしくは1年間

入らなければいけないもの?

リフォーム瑕疵保険では
任意となっています。

ただし、本協会では会員事業者の請け負うリフォーム工事において、 500万円(税込)以上の契約を結ぶ場合は、リフォーム瑕疵保険に加入することと定めています(お客様が書面で不要の意思表示をしている場合を除きます)。

リフォーム瑕疵保険を
利用したい場合は?

リフォームを行う事業者が、住宅瑕疵担保責任保険法人での「事業者登録」が済んでいることが必要です。
(一社)住宅瑕疵担保責任保険協会のWEBサイトから確認できます。

(一社)ステキ信頼リフォーム推進協会のたくみ会員は、すべて住宅瑕疵担保責任保険法人での「事業者登録」を行っておりますので、ご安心ください。リフォーム瑕疵保険のご利用をご希望の場合は、各事業者までお気軽にお問合せください。

瑕疵保険を取り扱う保険法人

瑕疵保険を取り扱う住宅瑕疵担保責任保険法人は、国土交通大臣が指定した住宅専門の保険会社です。
現在は下記の5法人が指定されています。詳しくはそれぞれのWEBサイトをご確認くだい。

PAGE
TOP